高血圧から脱出しようと頑張る男性

高血圧から抜け出すことができると、様々なリスクが低くなる可能性があります。高血圧と言われたり、下げなさいと忠告されている人や血圧に不安を抱えている人は正常値になるように注意しましょう。

高血圧の人が睡眠不足の状態でマラソンするのは危険

マラソンは年齢を問わず楽しむことができるため、若い人からお年寄りまで多くの人が参加するスポーツとなっています。
高血圧で運動が必要だと医者に言われて渋々始めたのに、今ではマラソンが生きがいになっているといった人も少なくはありません。
ただしかし、そういった運動に慣れてきたと言っても高血圧の人は正常な人と比べると注意が必要であることは常に意識しておくべきです。
特に睡眠不足のように疲労が蓄積している状態でマラソンに参加するということになると、最悪の場合命にかかわる事態に繋がってしまいます。
これはどうしてかというとマラソンが心臓に対して非常に強い負担をかけるスポーツだからです。
長時間続ける有酸素運動であるため、同じ時間無酸素運動を繰り返したのと比べればまだ負担は軽いですが、それでも高血圧の人は普段から心臓に負担がかかっています。
そして案外知られていないことではありますが、睡眠不足は血圧を高めるリスク要因のひとつです。
アメリカの大学で行われた研究では、睡眠時間6時間の人と5時間の人では5時間の人の方が明らかに高血圧になりやすいとして結論も出されています。
高血圧の状態でマラソンをする、高血圧の状態で睡眠不足になるとそれぞれ一つであればまだ体が対応することもできますが、二つ重なってしまうと体は対応できなくなって心筋梗塞を引き起こすリスクが一気に高まります。
特に59歳以下の比較的若い人であってもマラソン中に突然死するという人はかなり多いです。
健康になるために始めた運動が原因で命を落としてしまったということの無いように、高血圧を抱えている人は常に油断せず自身の体調管理を行い、もし体調不良が感じられるのであれば無理はしないようにしましょう。