高血圧から脱出しようと頑張る男性

高血圧から抜け出すことができると、様々なリスクが低くなる可能性があります。高血圧と言われたり、下げなさいと忠告されている人や血圧に不安を抱えている人は正常値になるように注意しましょう。

高血圧の人は冬の温度差とごはんの塩分摂取量に注意

知らない方も多いと思いますが、血圧は季節によって変動があります。中でも注意が必要なのが冬です。寒さにより血管が収縮し血圧が高くなるからです。もともと高めの方は冬場は意識して血圧を測定して高い値が続くようなら病院を受診するようにしましょう。
また、冬場はお風呂場やトイレ等の気温差のある場所での急激な血圧の変動により倒れる事も多い時期なので入浴前に浴室を暖める等して対応するようにする事がお薦めです。
そして高血圧の予防や改善に1番大切な事は食生活と言えます。
日本人のごはんと味噌汁を中心とした和食は塩分摂取量が多くなり高血圧につながりやすいと言われています。
塩分の摂りすぎは高血圧に繋がりますので、日々の食事の中で塩分の摂取量を控えるように意識する事が大切です。塩分を多く含むベーコンやウィンナー等の加工食品を多く摂るのは控えるようにしましょう。
そして血圧を下げる作用があると言われている食品を積極的に摂取するのもお薦めです。
余分な塩分を排出して血圧を下げる作用があると言われているカリウムを多く含む食品を積極的に摂取するのがお薦めです。カリウムはアスパラやブロッコリー、ほうれん草等の野菜類や、いも類、果物、海草等に多く含まれています。
さらに、病院で高血圧の治療として処方されるカルシウム拮抗薬と同じ効果を持つ物として、マグネシウムがあります。マグネシウムは精製されていない穀物、玄米や小麦麦芽に多く含まれているとされ、良く食べられている白いごはんだとマグネシウムの含有量は大きく低下します。ごまや、海草類にも多く含まれています。
血圧が高めの方は上記の事を意識して、減塩の食事と降圧効果のある食品を積極的に摂るようにして日々の生活から見直して行く事が大切です。